アラブ音楽トリオ「しんきちさん」

アラブ音楽を志す秦進一、加藤吉樹、サンペーのトリオ編成で2009年3月に結成。

3人がそれぞれエジプトに渡り、アラブ音楽を学ぶ。主にアラブ各国の古典音楽やエジプトの1950年代前後の歌謡曲などを中心に、美しくも力強く、繊細に響くアラブ古典音楽・アラブ歌曲の魅力を知ってもらおうという思いで、関西を基軸に活動を展開しています。

 

緩急自在な美しいアラブの調べと個性豊かな?三人のトークが織りなすオオサカン・アラベスク!ぜひ一度、観に来てくださいね。

メンバーのプロフィール

秦 進一(Hada Shinichi)ヴァイオリン

 アラブ音楽の美しさ、力強さに魅せられて演奏を始める。

アラブ古典音楽やウンム・カルスームなど、主にエジプトの曲を中心に演奏する。「しんきちさん」「セントヒトヨ」などのアラブ音楽ユニットに参加。 日本ではまだあまり馴染みのないアラブ音楽の魅力を知ってもらえるよう、演奏活動を各地で行う。エジプト・カイロにてアラブヴァイオリン奏法をアブド・ダーゲル氏に師事。

 

加藤 吉樹(Kato Yoshiki)ウード

 アラブ音楽特有の即興演奏「タカシーム」に魅せられ、ウードを始める。

 日本のウードの第一人者・常味裕司氏に師事。エジプト・カイロのヘルワン大学音楽学部にてハイリ・アーメル博士に師事。 

「しんきちさん」「セントヒトヨ」他、シタール、ヴァイオリンとのトリオ「ヤバンジ」、その他多岐にわたるバンドやソロでの活動のほか、各地で様々なミュージシャンやダンサーと共演し、精力的に公演を行っている。

 

サンペー(Sampe)レク

アラブの打楽器「レク」「ダラブッカ」を演奏する。

三味線・クラシック・ウクレレを経てアラブ音楽に出逢う。

ダラブッカを永田充に、レクを和田啓に師事。また、'06年と'11年には単身カイロにわたり、ダラブッカの奏法、アラブ古典音楽におけるレクを学ぶ。

「日本にアラブ音楽の普及」を目指し、「しんきちさん」他の演奏活動、自らのイベントの企画・主催、また、ダラブッカ講師としても大阪・神戸を奔走する。